古賀文敏ウイメンズクリニックKOGA FUMITOSHI WOMEN’S CLINIC

患者様からのお便りを集めました

患者様の声は、当クリニック宛にいただいたお便りを集めたもので患者様の体験談です。 患者様の声をお読みになって当クリニックへお越し下さる方が沢山いらっしゃいます。 また、当クリニックのスタッフもお寄せいただいたお便りに日々励まされております。

7回の流産を乗り越えて」は、 院長が当クリニックを開業するに至った原点とも言える方からお寄せいただいた体験談です。ぜひお読みください。

なお、「患者様の声」は随時募集しています。こちらからお寄せください。

治療内容

治療内容:

Merry Christmas!

今回で5枚目のクリスマスカードですね。
このカードを書いている横では、4ヶ月になる我が子がスヤスヤと眠っています。古賀先生のおかげで、結婚8年目にしてようやく子供を授かることができました。なんだか未だに信じられず夢を見ているようです。
古賀先生の病院を尋ねた日の事を今でもよく思い出します。
最初は別の病院で不妊治療を受けていたものの採卵をしても移植まで辿り着けず、病院の雰囲気にも馴染めず、転院を決意しました。
当時、古賀先生の病院は開院したばかりで、ほとんど情報もなく、不安な気持ちで初診の日を迎えました。
でもその不安は病院に入ってすぐに払拭されました。受付の方の優しい笑顔、リラックスできる待合室、そして優しく丁寧に接してくれた古賀先生。
本格的に治療が始まり、何度も何度も診察を受けましたが、今まで一度も嫌な思いをすることはありませんでした。むしろ、毎日元気を頂いて帰っていた気がします。採卵の時も他愛もない話をしてくれたり、冗談を言ったりして和ませてくれたり、看護師さんも一緒に色んな話をして笑ったり。普通は採卵の時が緊張のピークのような気がしますが、今思うと、私は採卵の時が一番楽しかったかも?
でも採卵から移植までは出来ても、なかなか妊娠には至りませんでした。そんな時も古賀先生は温かく励ましてくれました。流産した時は、いなくなった赤ちゃんの話をしてくれたり、自分の感情を抑えていた私に「無理して笑わなくていいよ。我慢しないで」と声をかけてくれたり。
古賀先生は患者さん一人一人の事を親身になって考えてくれてるんだなと改めて実感しました。流産後はFSHも上がり、なかなか良い卵に巡り会えませんでした。今回妊娠できた周期も採卵までにかなりの日数がかかり、途中で「今周期はもう中止にしようかな。うまくいかない気がする」と私が言うと先生は「そんな事ないですよ。採卵してみてもいいと思うよ」とおっしゃって匙を投げる事なく治療を続けてくれました。そしてその結果妊娠。あの時、先生が諦めてたらこの子には会えなかったんですよね。
自然に妊娠できればそれに越した事はありませんが、私にとって不妊治療は辛い事ばかりではありませんでした。古賀先生をはじめ看護師、スタッフの皆さんに出会えて本当に良かったです。
最後まで諦めずに治療して頂いて、本当にありがとうございました。

治療内容:

検査をしたらAMH1ng/mL以下が判明して・・・

すっかり,朝晩は冷えてくるようになりましたが,古賀先生やスタッフの皆様には,お変わりなくお過ごしのことと思います。
私は,とても幸せな気持ちで生後5か月の娘と過ごしていますが,これもすべて,古賀先生やスタッフの皆様のおかげだと心から感謝しています。

クリニックに初めて行った昨年6月のことは,今でもよく覚えています。
私は,転勤族で,昨年4月に福岡に参りましたが,福岡に来る約9か月前から治療を開始していました。
しかし,結局,実ることはなく,焦燥感でいっぱいの状態で,クリニックに向かいました。
古賀先生は,診察室で,立ち上がって,私たち夫婦を迎えてくださいました。
私は,今まで様々なドクターに診察をしていただいてきましたが,このように立ち上がって迎えてくださったドクターは初めてで,とても感激してしまいました。

その後,検査の結果,年齢のわりに卵子が少ないということが判明し,一刻も早く体外受精ということになりました。
仕事の休みの予定などもあり,8月の周期でとお願いしたのですが,その周期では,卵子の一つが早く育ちすぎてしまい,他の卵子に悪影響を及ぼす可能性が高いと説明を受け,痛い思いをして,育ちすぎた卵子をつぶしていただくこともしました。
しかし,それでもその卵子の影響なのか,ホルモンの値が芳しくないから,今周期は断念した方がいいのではと古賀先生から連絡をいただきました。
私は,一度,治療の流れをつかんでおきたいと思ったことから,「それでもお願いします。」と申し上げました。
すると,古賀先生は,「今回ダメでも,『もう私には子供ができないんだ。』と思わないって約束できるならやりましょう。」と言ってくださいました。
私は,先生の思いやりにあふれる言葉に励まされながら,また,この決断が正しかったのかどうなのかと不安に思いながらも,治療に邁進していきました。
結果,3つの卵子を採取し,3つとも受精しただけでなく,予想以上に受精卵の育ちが良かったことから,胚盤胞まで育ってから移植することになり,しかも,移植に適したものは2つだということで,古賀先生の「双子になったら○○さんが大変だけど,早く妊娠させてあげたい。」との一言で,双子でも構わないと思い,2つ移植していただきました。
それから,祈るような気持ちで過ごし,判定日の前々日に,待つことに耐え切れず,自宅で妊娠検査薬を用いて,妊娠を知りました。

実は,妊娠検査薬が陽性を示したことは,それ以前に2回あるのですが,いわゆる化学流産ということで,妊娠6週目以降は全くの未経験でした。
そのようなわけで,判定日の古賀先生やスタッフの方の「おめでとう!」という言葉に舞い上がりながらも,以後,本当にちゃんと育ってくれるのだろうかと常に不安がつきまとっていました。
しかし,週を追うごとに,胎嚢がわかり,心拍も確認でき,着床したのは1つだったことも判明し,母子手帳を交付していただき,不安はありながらも,大事に育てようと決意をして,クリニックを卒業しました。

以前に通っていた不妊治療の病院では,スタッフの人数に対して,患者が多すぎて,流れ作業のように扱われている気がして,治療は大変気分の滅入るものでした。
しかし,古賀先生やスタッフの皆様は,この治療が夫婦関係をも映し出す繊細な問題であることを理解し,相談に乗って,励ましてくださいました。
また,クリニックの作り自体が,プライバシーに配慮されています。
そんなことから,通院が全く苦になることはなく,むしろ,楽しみとさえなりました。

なにより,可愛い娘を授かることができて,その後も順調に育って,無事出産でき,母親になれたことは,私の人生にとって,かけがえのないことでした。
出産時,胸に去来したことは,この妊娠・出産に関わり,支えてくださった方々への感謝と,無防備な状態でこの世に生まれてきた娘への愛おしさでした。
それは,今までに感じたことのない気持ちでした。
本当にお世話になり,感謝の気持ちでいっぱいです。
先日,娘を連れてクリニックにご挨拶にうかがいましたが,そのときも優しく迎えてくださって,また嬉しい気持ちになりました。
また,近くに参りました時は,顔を出させていただければ幸いです。
悩める患者さんがたくさん待っているとのことですので,お体に気をつけて,ぜひ,一人でも多くの患者さんの願いをかなえていただければと思います。

治療内容:

今までたくさんきつい思いをされてきたんですね

古賀先生、スタッフの皆様へ
六月に卒業させて頂きました、○○です。
古賀先生やスタッフの皆様には、通院の際は本当にお世話になりました。
先生始めスタッフのみなさんがかけたくれた温かい言葉を、毎日思い出さない日はありません。
昨日、五ヶ月目の検診を受けて、無事に赤ちゃんは元気に育ってくれているようで、男の子という事がわかりました。 本当なら、今月先生のところでありますマタニティクラスへの参加を楽しみにしていたのですが、仕事の都合でどうしても参加できないので、こうしてメールをさせていただきました。

私は、別の不妊クリニックから転院して、初めて古賀先生にお会いした日を今でもはっきり覚えています。
心臓がドキドキしながら診察室に入ると、先生がわざわざ立って、古賀と申しますと私の目をじっと見て、「今までたくさんきつい思いをされてきたんですね」と挨拶をして下さいました。
その時、今まで誰にも話せなかった色んな思いがあふれ涙が自然と出てきました。
別の不妊クリニックに通い続けて心が折れてしまっていた私は、初めて人として接してくれる先生に出会えたと思いました。
私は、全く受精しない受精障害と言われていたので、私は女として駄目なんだとずっと心のどこかで主人にも申し訳ない気持ちをずっと持っていました。
でも古賀先生にお会いして、色々検査してみたらそんなことないと思いますよ!始めは体外受精と顕微授精を半分ずつやってみましょうとおっしゃって、なんと一回目でどちらも受精して着床までしてくれました。結果はお腹の中でうまく育たなかったけど、その時先生が、「結果は残念だったけど、今回赤ちゃんがちゃんと妊娠する力があるって教えてくれたとそう思いませんか?」と言ってくれた時、心がものすごく温かい気持ちでいっぱいになりました。
まだ小さな小さな赤ちゃんの袋を、先生は赤ちゃんと呼んでくれた事がとても嬉しく、今も写真を大切にアルバムに入れています。
先生の病院に通って、二回目の体外受精で妊娠出来たこと、今でも夢のようです。
先生が卒業の日に、「○○さんは、パワーがあったから今回このような結果に繋がったんだと思う。
やっぱり妊娠するためにはパワーがいるんですよ。一回目で諦めなかった事もパワーがあったからだと思う」とおっしゃいました。
その時は、うまく言えなかったんですが、私がこんなに毎回楽しく笑顔で通院できたのは、先生やスタッフの方たちのお陰です。だから、赤ちゃんに会いたいって本当に思いながら通うことが出来ました。
先生方たちから、たくさんのパワーを頂いたから、今の私があるんだと本当に思います。
長々となりましたが、どうしてもお礼を伝えたいと共に、今赤ちゃんがなかなか授からず苦しんでいる方たちが、少しでも古賀先生とお会い出来たらいいなと思っております。
でも、ホームページを見たら、もう初診の患者さんがたくさん待っておられるのですね。
先生やスタッフの方たちは、私たちの分までたくさんきつい思いをされるでしょうが、陰ながらずっと応援しております。お体だけはくれぐれも大切にされて下さいね。
私も、頑張って元気な赤ちゃんを産んで、古賀先生にご報告できる日を楽しみにしております。
皆さん、頑張って下さい。

治療内容:

海外からの日本一時帰国治療

9月も下旬になり随分と過ごしやすい季節になりました。
通院中は本当にお世話になりました。 
ちょうど1年前の9月に2度目の顕微授精を挑戦する為に日本に一時帰国しました。
顕微授精さえすれば妊娠する、と案外簡単に考えていた私にとって6月の最初の結果はショックでショックで先生の目の前で不覚にも大泣きしたのを覚えています。
アメリカに戻り3ヶ月間体調を整えて万全な状態で日本に再帰国したら、今度はまさかの遺残卵胞で治療開始を1ヶ月見送ることに。。。
実家には治療のこと、そして私が日本に一時帰国している事は打ち明けていなかったので、治療が1ヶ月も先延ばしになり色んな意味で焦りました。
治療中はマンスリーマンション、ホテル、そして他県の友人宅を行ったり来たりのヤドカリ生活。
家族にも友達にも会えない寂しさ、不安で胸が押し潰されそうな気持ちを病院のスタッフの皆さんが優しくいつも笑顔で話し相手になってくださいました。
どんなに心救われたことか!!
治療はもちろんのこと、まるで心のカウンセリングもして頂いたようなそんな記憶があります。

古賀先生に出会えて、スタッフの皆さんの心温まる励ましに支えて頂いて、今年の夏、母になることができました。
先日で息子は2ヶ月になりました。
とても健康で日に日に成長していく我が子が愛おしくてなりません。

アメリカは普通分娩で48時間、帝王切開で72時間で退院になるんです。早いですよね。
主人も即仕事に戻ってしまい、産後3日目にして1人育児となり今必死にがんばっています。

先生、本当にお世話になりました。
つい先日もウェブページの先生の顔をみて泣いてしまいました(笑)
本当に感謝しています。
思い切って日本に帰国して、先生のところへ行かなかったら、先生に出会わなかったら、今こうして息子に会えることもなかったかもしれません。
1度泣いて泣いて、先生の「次はきっと大丈夫!」の言葉に励まされて勇気をもらって、また日本に帰国して2度目のチャレンジをしなかったらここに息子はいなかった、と思ったら産後でホルモンがおかしいのか涙がとまりません。

そういえば、もうひとつ先生にお礼が言いたいです。
私は実は女の子を強く希望していました。
男の子がわかった時、多少なりがっかりしたような覚えがあります。
もちろん男の子でも嬉しいのですが、状況的に一人しか望めないのなら女の子が欲しい!と思っていたんです。
そんな時に、古賀先生の返信メールに、
「男の子、ですね。○○さんには男の子が似合っていますよ。きっと将来力になってくれることだと思います。」
とありました。
読んだ瞬間に涙があふれてきました。
本当にそのとおりですね。
男の子、可愛いです!私の小さな恋人です。
息子が生まれるまでに、二度の一時帰国、滞在費、移動費、治療費、アメリカでの通院&出産費用で我が家はスッカラカンで火の車ですが今とてもとても幸せな毎日です。

先生の一言にいつもいつも励まされて勇気をもらっています。
頑張って良かった、あきらめないで良かった、と最近良く微笑むようになった息子の笑顔に胸が熱くなる毎日です。

先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました。
次回一時帰国するときはようやく実家に帰れます。
キラキラの笑顔の息子と一緒に!

治療内容:

その先へ

相変わらず厳しい暑さが続いていますが古賀先生をはじめ、スタッフの皆様お変わりありませんか。
古賀先生のクリニックでお世話になった○○です。
今、妊娠8ヶ月目に入り赤ちゃん二人共に順調にお腹の中で育ってくれています。
今まで経験した事のない元気な胎動など、日々大きくなって行くお腹など見ると毎日、本当に愛しく、赤ちゃんに会えるのが待ち遠しい気持ちでいっぱいです。
私もお盆休み前の12日までこれといった体のトラブルもなく無事産休に入るまで仕事をする事ができました。
治療中から先生のコラムを読ませて頂きいっぱい元気をもらいました。私もドリカムのファンで8月6日に福岡ドームであったコンサートにも無事行く事ができました。丁度治療中に福岡まで行く車内の中で、「ねぇ」と「その先へ」を何度もリピートし、自分を曲で励まし、励まされながら通った事など思い出し生歌を聞いた時には思わず涙が溢れました。歌であそこまで多くの人達に感動や勇気を与えられるドリカムは本当に凄いなぁ…と只々最後まで感動の連続でした…。出産したら暫くは行くことが出来ないので最高の思い出になりました。

今、改めて仕事が休みに入り、妊娠し、無事にここまで迎えられた経緯を思い返すと先生には本当に感謝、感謝!の気持ちでいっぱいです…。
他の病院で5回採卵して4、5回目には良い卵が出来ず、もう妊娠するのは難しいと言われ精神的に追い詰められボロボロ状態でした。そんな状態を見兼ねてか、地元の先生から古賀先生を紹介して頂きました。
クリニックに初めて伺った時の印象は、中に入った瞬間ホテルみたいな空間で、凄くプライバシーに配慮されていて、クリニックに来ているかんじがせず待合室でリラックスさえしてたように思います。そして先生にお逢いして今までの経緯などをお話し、これからの治療方針など本当に解りやすく丁寧に話して下さいました。私が今まで考えていた治療(持病の内膜症の治療をする事)を選択肢の一つとして考えてくれ、その治療をしていた3ヶ月は今まで、出来なかった習いものや趣味に没頭する事も出来ました。結婚してから五年間子どもの事ばかり考えていた私に精神面で休息を与えてくれ、あの期間も今思い返せば良い方向に繋がったのではないかなぁと思います。主人も古賀先生に出逢えて赤ちゃんを授けてもらって本当に感謝しています。
ありがとうございました。本当は直接会ってお礼を言わなければ行けない中、メールでの送信になりすみません。又、出産した時には改めて報告させて頂きます。