古賀文敏ウイメンズクリニックKOGA FUMITOSHI WOMEN’S CLINIC

患者様からのお便りを集めました

患者様の声は、当クリニック宛にいただいたお便りを集めたもので患者様の体験談です。 患者様の声をお読みになって当クリニックへお越し下さる方が沢山いらっしゃいます。 また、当クリニックのスタッフもお寄せいただいたお便りに日々励まされております。

7回の流産を乗り越えて」は、 院長が当クリニックを開業するに至った原点とも言える方からお寄せいただいた体験談です。ぜひお読みください。

なお、「患者様の声」は随時募集しています。こちらからお寄せください。

治療内容:体外受精

治療内容

治療内容:

先生の想いを素直に受け止め安心の通院ができました。

古賀先生、スタッフの皆様
 ご無沙汰しております。○○年○月に卒業した○○です。
○年○月○日に出産を終え、幸せな日々を過ごしております。心の底から感謝申し上げます。
 30歳で結婚し、仕事が面白く1年半避妊し、31歳の秋から妊活を始めました。健康体、生理も遅れたことなく、生理痛なし、たったこれだけの理由で自分はすぐに妊娠できると勝手に信じていました。
 2015年8月不妊の定義が2年から1年へと短縮されたこともあり、1つ目の不妊治療専門の病院に通院し、そこで自分のAMHが平均以下であり、できるだけ早くstep upした方が良いと言われました。そこでタイミング法半年、AIH2回、ICSI2回受け妊娠に至らず、妊娠出来ないことを病院のせいにして33歳で評判のいい古賀先生の病院を訪れました。
 1つ目の病院の時は、“なんで私が?”という思いがありました。不妊治療は治療費が高く、待合室はギュウギュウの中、長時間待ち、さらにスタッフさんはいつも忙しそうでピリピリしていて、聞きたいことも聞けずにネットで検索して解決、その割に成功率も高くない。“そんな治療を受けなければ妊娠できない”という劣等感が私にはありました。
 しかし、ホスピタリティあふれる待合室、穏やかな古賀先生、優しくていつも笑顔で何でも全ての患者さんに同じことを聞かれたであろう質問にも嫌な顔をせずに答えてくださるスタッフの皆様(看護師さん、助産師さん、予約管理や細々としたことに対する電話対応の受付さん、培養結果を教えてくださる培養士さん、皆さんです)と接するうちにやっと自分は不妊なんだって素直に受け入れることが出来ました。
 古賀先生の病院に通い始めて半年が経過した頃です。ちょうどその頃、古賀先生が本を出されたのでその本を何度も何度も読みました。診療中はなんだか緊張というか、たくさんの患者さんが待っておられるので、遠慮もあってか必要最低限のことしか古賀先生と話せなかったのですが、本の中に聞きたかったことがたくさん書かれていて、古賀先生の治療に対する想いも書かれており、それを読んでは納得と安心をしておりました。
 その本を読み、妊活のためだけでなく30代の女性としても体質改善を目的に軽い気持ちで食生活を変えて、サプリを飲み始めました。
 治療は、というと“3回チャンスを下さい”とおっしゃって頂いたにも関わらず結果が出せず、古賀先生の治療成績の足を引っ張って申し訳ないと思っていました。しかし、採卵の回数をこなすごとに採れる卵子の数、受精卵のグレードが上がっていきました。3回目の採卵結果を培養士さんから聞いた時に、“今回、凍結には至りませんでしたが、一旦は胚盤胞までいきました”と教えて頂きました。その時に私は、“あと何回か採卵したらいけるかも”と前向きになれました。
 その次の採卵時に、初めて受精卵が胚盤胞まで育ってくれました。その胚盤胞が今の我が子です。電話が繋がり、初診から1年経過した頃です。確実に1歳年をとりましたが、この1年間の採卵、その後の受精卵の結果はどんどん良くなっていました。
 これは、結果を真摯に受け止め、多角的に評価し、一度の卵巣刺激、媒精、胚移植、黄体期管理を流れ作業にせず、毎回本気で一つひとつの施術を大切にしてくださる古賀先生の治療に対する想い、技術、日々の研鑽の賜物だと思っております。
 最後に、古賀先生もですがスタッフの皆様も朝は早く、夕方はバタバタと忙しく、また治療自体がとてもセンシティブで気を遣うことが多く、本当は大変だと思います。しかし、皆様がいなければ私はこの子に会えていなかったと思っています。本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。
 長くなってしまいました。
 古賀先生、スタッフの皆様のご多幸を心よりお祈りします。

治療内容:

日々幸せを感じ、“今”に感謝。

 古賀先生、スタッフの皆様、お元気にしていらっしゃいますか。
 昨年秋までお世話になっていました○○と申します。おかげ様で、○月○日に無事女の子を出産することができました。報告が遅れまして、申し訳ありません。出産後バタバタと日々が過ぎていき、今のご報告になってしまいました。
 先生の所にお世話になったのがあまりに短く、なんだか夢のようです。他院に3年程かかり、体外受精をくり返し、流産後の体外も失敗し、あきらめた方がいいような発言を医師から受け、絶望的になっていました。でもどうしてもあきらめたくなくて、玉砕覚悟で挑んだ古賀先生の電話予約。奇跡的に取れたのは運命だと思ってます。
 春の初診の際には思いがけず自然妊娠しており、普通だったら“産婦人科に行ってください”と言われるところだと思いますが、一度流産の経験があり、不安なことをお話しすると、通院をさせていただけました。クリニック卒業を喜んでいた矢先、結果的に再度流産してしまいましたが、やっぱりショックは大きかったですが、絶対先生の元でまたがんばろうという気持ちになりました。
 そして、他院ではなかった血液検査による不妊原因要素を見つけて頂きました。初耳な事ばかりで、これがクリア出来れば妊娠できるかも!と前向きな気持ちになれました。
 そして夏。たった1回の体外受精で私が待ち望んでいた小さな命を授けていただきました。お会いしてからここまでが本当にあっという間で、クリニックも素敵な空間、待ち時間も短くストレスなく、むしろ楽しみに通うことができました。
 卒業してから出産までは、完全に安心することはできず、特に初期は常に心配していたように思います。中〜後期には切迫流産・早産で入院したりと順調とはいえず、運動などもできずに体重は10kg以上増えてしまいましたが、無事出産できた今ではよい思い出になりました。
 今は毎日赤ちゃんのお世話に追われています。7年ぶりに抱く我が子はとてもとてもかわいくて仕方ありません。大変ではありますが、日々幸せを感じ、“今”に感謝しています。
 この幸せをくれた古賀先生にも本当に感謝しています。ありがとうございました。たくさんの患者さんが待ってらっしゃる中、お忙しいと思いますが、お体に気をつけてみなさんを幸せにしてください。

 私達に幸せをくださり、ありがとうございました。

治療内容:

移植前、夫のみた夢が正夢に…

お礼のお手紙が遅くなりました。古賀先生、通院中は大変お世話になりました。昨年クリニックを卒業いたしました、○○です。
おかげさまで、今年女の子の双子を無事に出産いたしました。実家の母や家族に子育てを手伝ってもらいながら、日々この幸せをかみしめて過ごしています。

今まで前の病院で7回もの移植をするも妊娠に至らず、同じ内容の治療を繰り返されることや、担当制ではないため毎回のように自分のことを覚えてもらえていないことへの不信感から転院を考えていたところ、古賀文敏ウイメンズクリニックとの出会いがあり、一気に私の人生が変わり始めました。
 古賀先生は穏やかで優しく、いつも私にじっくり向き合ってくださり、いままでの不安や辛さから解放され、この先生ならきっと大丈夫だとはじめにお会いした時は泣いてしまいました。その予感通り、一回の採卵、移植で妊娠することができ、いまは育児に奮闘する毎日です。多胎のため、妊娠してからも古賀先生からは周りに手伝ってもらうようアドバイスいただき、おかげさまで楽しく子育てできています。

実は移植の前に夫が双子を授かる夢を見たとのことだったので、2個移植して頂いていたのですが、その夢は現実となり不思議なものです。
 その愛する夫に我が子を抱っこさせてやれないかも、と諦めていた私が判定日に陽性だった日、警固神社に夫婦でお参りしながら
「もう2人家族じゃなくて、4人家族なんだね」としみじみ話したのをきのうのことのように思い出します。
 先生もお忙しいこととは思いますが、お体に気を付けられ治療を望む皆さんの希望の光でいてくださいね。本当にありがとうございました。  (奥様より)
 
 通院中は大変お世話になりました。双子の娘から日々いろいろなことを勉強させられる毎日です。素晴らしい出会いへと導いていただきありがとうございました。これからもたくさんの患者さんへ希望を与えていってください。誠にありがとうございました。                (ご主人より)

治療内容:

2回目の転院は、私にとって賭けのような決断でした。

古賀先生、スタッフの皆様お元気でしょうか?
通院中はお世話になりました。7月に元気な男の子を無事出産し、はや3ヶ月がたちました。最近はそちらにお世話になっていた事をよく思い出します。
 私は先生の所にお世話になる前、2つの病院に通い、そこでは胚盤胞ができ、胚の状態はいつも「とても良い状態」と言われていました。しかし移植してもうまくいかず、わたしは新幹線で5時間以上かかる所まで着床障害の検査を受けに行きました。先生のクリニックを知ったのは、ちょうどその時期です。ちょうど臨時での初診受付の電話の日が1週間後にあり、思い切って転院を決めました。この時は、「また一からやり直しか・・・」という気持ちや「今までの経緯を知っている今の病院に通った方が早く妊娠できるかも・・・」という気持ちがあり、ある意味賭けのような決断でした。
 そして、初診の日。問診に今までの治療歴と遠くまで着床障害の検査を受けにいった事を書いてあるのを見て、「何度も挑戦して上手くいかず、どうしたらいいのか分からなくなっている心情が分かります。こんな遠くの病院まで着床障害の検査を受けにいったのはその気持ちからでしょう。でも大丈夫ですよ。○○さんは典型的な多嚢胞のタイプです」と言われました。先生は私の気持ちを見通したマジシャンのようで、自分は特殊なタイプと思っていた私に「典型的」と言って下さいました。ゆっくり時間をとって診察をしてくださり、帰り道には「ここならなんとかしてもらえるかもしれない、頑張ろう」と改めて決意したのを覚えています。またスタッフの方からも「すぐにできると思います。赤ちゃんを抱っこしている雰囲気がありますよ」と言われ嬉しく思いました。
 それからの治療は1回目で妊娠、というわけには行きませんでしたが、治療の結果に涙してくれたり、真剣に励ましてくださるスタッフの方に支えられ、苦痛のない治療の日々でした。そして、自分が思っていたよりも早く妊娠する事ができました。
 ちょうど1年前は移植した後で、結果を待ちそわそわとしていた頃です。3ヶ月になった息子を見て不思議な気持ちになります。慣れない子育てに睡眠不足と体力の消耗を感じる事もありますが、先生のコラムを読み、「あんなに忙しい先生が目標を持ってライザップや英会話に通って頑張っていらっしゃる」と思い励まされています。
 まとまりのない文章になりましたが、古賀先生、スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。息子を授けてくださり、本当にありがとうございました。
今から寒い季節となります。古賀先生、スタッフの皆様どうかお体をご自愛下さい。

治療内容:

出口のみえないトンネルの先に叶った夢

古賀先生、通院中は大変お世話になりました。
クリニックに通うため、何度も電話をかけ何とかキャンセル待ちの枠に入り、36回目の誕生日の日に初診ということで、奇跡を感じました。
子宮頸癌の軽度異形成の手術後、不妊治療をはじめ、出口の見えないトンネルの中で絶望の日々を過ごしていました。
先生に初めてお会いした日に“クリスマスにはお腹が大きいと思いますよ”と笑顔で語りかけていただき、本当に夢のようでした。先生を信じて、自分に出来ることは全てやろう!!と思ったのを、はっきり覚えています。
5月に採卵そして8月に移植、5個の胚盤胞が育ってくれて、1度目の移植で陽性判定を頂きました。
本当に夢のようです。診察の時は、緊張してうまくお話が出来ないので、お手紙を書きました。感謝してもしきれません。私たちに子供を授けてくださり、本当にありがとうございました。

Page 1 / 512345