古賀文敏ウイメンズクリニックKOGA FUMITOSHI WOMEN’S CLINIC

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングとは、遺伝性疾患の患者・家族またはその可能性のある人(クライアント)に対して、生活設計上の選択を自らの意志で決定し行動できるように臨床遺伝学的診断を行い、遺伝医学的判断に基づき遺伝予後などの適切な情報を提供し、支援する医療行為です。

周産期・生殖医療の分野には、出生前に行われる遺伝学的検査や診断にかかわる多くの重要な課題が含まれるため、適切な医学情報だけでなく、クライアントとの良好な信頼関係において心理的精神的援助が必要とされています。

当院の遺伝カウンセリングの適応について

・流産を繰り返す方で、流産の原因検索のために絨毛染色体検査を行う場合
・習慣流産の原因として、ご夫婦のどちらかに相互転座などがある場合
・早発卵巣不全(早期閉経)の原因として性染色体異常が考えられる場合
・無精子症の方で、Y染色体微小欠失症候群を持つ方
・ ご自身が高齢のため、生まれてくる赤ちゃんを心配される方
・ 妊婦健診の時に、赤ちゃんの後頚部のむくみを指摘された方
・ ご自身やご家族に先天的な病気があるために、お子様をためらわれる方

以上のようなことで心配な方は、遺伝カウンセリングをご利用下さい。

新型出生前検査が臨床応用され、新しい遺伝カウンセリングの在り方が求められています。私たちは、福岡の多くの臨床遺伝専門医と連携を取り、多岐にわたる遺伝性疾患について理解を深めています。また幅広いネットワークを通して、その疾患の専門家や支援団体などの情報を提供いたします。