古賀文敏ウイメンズクリニックKOGA FUMITOSHI WOMEN’S CLINIC

当院について

お知らせ

クリニックからのお知らせや、サイトの更新情報をお伝えいたします。

5月 診療時間変更・休診のご案内

5月4・5・6日は全館休診です。

[院長]
5月 20日(水) 休診

[副院長]
通常通り

*5月は引き続き、時間短縮での診療となります。

2019年のARTの治療周期数は2180周期でした。

採卵件数1,112周期、凍結融解胚移植1,068周期、胚移植あたりの妊娠率は38.74%でした。詳しくはこちらの治療成績をご覧ください。

新型コロナウイルス等感染予防に効果的なサプリについて

感染の予防に加えて、自分の免疫力を上げることが大切です。

ウイルス感染症に対して栄養療法的な考えでは、ビタミンDは1日2000単位以上摂取がファーストチョイスです。初診の時に血中濃度計っていますが、ほとんどの方は30ng/ml以下で不足しています。
次に亜鉛20-100mg/日を摂取して下さい。他にマグネシウムビタミンCビタミンAは有効です。
また体調悪い時は、天然の抗生剤オリーブ葉を摂取してください。
サイトカインストームを起こさないようにオメガ3系の油を、サプリではuDHAを取ることで炎症の悪化を防ぐことができます。
早く普通通りの生活に戻れるよう、できるところから始めましょう。

院長 古賀文敏

6月の副院長初診予約受付のご案内

6月の初めての治療・タイミング療法・人工授精をご希望の方の初診予約受付は、
5月20日(水)14時よりお電話での受付を予定しております。

5月の副院長初診予約受付終了のご案内

4月15日(水)の初めての治療・タイミング療法・人工授精をご希望の方の初診受付は終了いたしました。
すべてのお電話にご対応できず、大変申し訳ございませんでした。

6月の院長初診予約受付のご案内

6月に高度生殖補助医療に関する診察をご希望の方の初診予約受付は、
5月13日(水)14時よりお電話にて受付を予定しております。

5月の院長初診予約受付終了のご案内

5月の高度生殖補助医療に関する診察をご希望の方の初診受付は終了いたしました。
すべてのお電話に対応できず、大変申し訳ございませんでした。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う不妊治療助成における対応

新型コロナウイルスの感染拡大の状況をうけ、特定不妊治療を受けている夫婦が治療の延期等を余儀なくされることが想定されるため、令和2年4月7日付けで、以下の対応が発表されています。

・新型コロナウイルス感染防止の観点から一定期間治療を延期した場合、時限的に年齢要件を緩和。

①対象者  治療期間初日の妻の年齢「43歳未満」→「44歳未満」
 
②通算回数 初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が40歳未満:6回(40歳以上:通算3回)
          ↓
      初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が41歳未満:6回

*詳しくは、お近くの都道府県へご確認ください。

4月17日(金) 院長の午後診療について

4月17日(金)院長の午後診療は休診の予定でしたが、診療を行うことができるようになりました。
15:00採血最終受付、16:00を診療最終受付とさせていただきます。

福岡県に緊急事態宣言が発令された場合の当院の対応について

福岡県に緊急事態宣言が発令された場合、以下の体制での診療方針とさせていただきます。
なお、今後の動向によっては、急な変更も必要となります。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

【診療時間について】
発令日翌日より、採卵・胎児診断開始時間の変更・診療時間の短縮を行います。

[採卵]
・10:00以降となります。
・夜の注射は22時となり、自己注射が必要です。
 ご来院での夜の注射対応は不可となりますのでご注意ください。
[胎児診断]
・10:00開始となります。
・現在10:00以前のご予約の方と、16:30のご予約の方はご変更いただきます。
 順次ご連絡をさせていただきますので、ご対応のほどよろしくお願いいたします。
[診察]
・11:00〜最終受付16:00 (昼休みなし)で行います。
・採血を必要とする診察は、最終受付15:00になります。

Page 11 / 47First...910111213...203040...Last